男性女性

日常生活に役立つnlpはdvdで気軽に学ぼう!

ニーズが増えている職業

勉強道具

聴覚や言語に障がいを持つ方の助けとなるのが、言語聴覚士の存在です。障がいを持つ方の生活をサポートするというものではなく、回復の手助けをするということが仕事となります。言語聴覚士はリハビリテーションの専門職のひとつであり、一緒に症状の改善を目指していくというものです。身体面の要因だけでなく精神面の要因が絡むケースが多く、患者さんの気持ちに寄り添って精神面でもしっかりとサポートしていくことが必要です。言語聴覚士として活躍していくためには、まず国家資格に合格する必要があります。また、国家試験を受験するにあたっては、国が指定する養成学校に3年以上学ぶことが求められるのです。そのため、最短のコースは高校卒業後に、大学・短期大学・専門学校といった養成学校に通うことであると言えます。ただし、これらの養成学校は社会人からでも入学することができますので、現在異なる職業に就いている方でも言語聴覚士を目指すことは可能です。養成学校は各地にありますので、まずは自宅近くに存在しているか調べることから始めるとよいでしょう。気になるところを何校か絞り込むことができたら、資料請求をしたり学校説明会に参加したりするなどして、なるべく多くの情報を集めるようにすることをおすすめします。それぞれ異なるカリキュラムを設けていますので、カリキュラムの内容を確認することはもちろん、学費についてもあらかじめ調べておくとよいでしょう。奨学金制度などが利用できるところであれば、条件をしっかりと確認することが重要です。